カテゴリー別アーカイブ: 雑記

アボガドロ定数

日本の年号が今年5月に代わるのと、ほぼ同時期にアボガドロ定数をはじめとする物理定数の定義も変更されます(正確には5月20日に)。化学の授業でも度々登場する重要な科学定数なので、アボガドロ定数について今回は述べたいと思います。
アボガドロ定数の現在の定義は、12gの炭素12(12C)に含まれる原子の数となっており
NA=6.02214・・×1023 [mol-1]
と円周率πや√2のような無理数のように延々と続く数値となっています。それが、今年5月からの定義では
NA=6.02214076×1023 [mol-1]
と、正確に決まった値として定義されます。このように定義が変更される理由は、ブルーバックスの「新しい1キログラムの測り方 科学が進めば単位が変わる」などの本を参照して貰えればと思いますが、簡単にいうと、科学技術が進歩して質量の定義である1キログラムの決め方を変えることが出来たのに合わせてアボガドロ定数も定義することが出来たと言えます。
この定義の変更で生活が変化する訳ではありません。これまでの定義では、アボガドロ定数に誤差を持たせていたところ、1モルの質量に誤差を持たせることになっただけです。つまり、炭素12(12C)をアボガドロ定数個集めたときの質量が
旧定義:12g  新定義:12.0000000 g
と変化するだけです。実生活には影響がないと言えます。ただ、理科の先生は、これでは困ります。しっかりとアボガドロ数の定義を説明しなければなりません。そんな注意喚起の意味も込めて今回の記事を書いています。

ステアリン酸単分子膜(中央のビーズがない部分)

ここ毎年、教員免許更新講習の講師を引き受けているのですが、そこでもアボガドロ定数を出しています。原子や分子がいかに小さいものであるか、それを取り扱うためにはアボガドロ定数ほど集めてこないと重さなどが測れないのですが、そんなサイズを実感してもらうために、ステアリン酸の単分子膜を作成しています。米粒より小さいステアリン酸の粉を溶液に溶かし、その1滴を垂らすだけで、数cm2程度の面積をもつ単分子膜が出来上がります。オーダーエスティメーションですが、ステアリン酸の大きさがナノメートル程度だと見積もることが可能だったりします。実際は、正確に面積を求めて、アボガドロ定数を見積もるという講義では続くのですが・・・

研究室選びと研究室の心得

ここ数か月、文理学部のホームページ改修作業に追われていたため、自身のWEBページ更新が滞っていました。お詫びをこめて、リニューアルした学部ホームページのリンクを貼っておきます。

日本大学文理学部リニューアルホームページ

さて、今回は、研究室分けの時期でもあるので、研究室の選び方と心得として記事を書いてみたいと思います。物理学科では、12月に3年生を対象として、研究室説明会と、研究室の見学期間を設けて、年明けに研究室の配属希望調査を集計します。大学4年の1年間を大学生活集大成として研究室で、研究を行い卒業研究としてレポートにまとめるのですが、やはり、どの研究室に配属になるのかは非常に重要だと感じます。大学教員(特に理系)は個性的な人間が多く(私を含めて)、一癖も二癖もあるのが普通です。理系の研究室出身であれば、その教員とうまくやってきた証だから、企業など社会に出ても他人と協調して物事を進める技量は身についていると考えても良いかもしれません。そういう観点から、研究室を選ぶ際に、研究室の教員との相性を考えるのも悪くない選択だと思います。一般的には、研究内容で興味のある研究室に進むのですが、大学の教員は、研究者ですから、自分の好きな研究をしています。つまり、それぞれが、本当に楽しいと思って研究をしているのです。その楽しさは、すぐには分からないかもしれませんし、仮に希望の研究室に配属にならなかったとしても、その研究を1年間、もしくは、院も含めた3年間、没頭してみれば、その楽しさを感じるようになるのではと思います。

少しでも研究室見学の雰囲気を出そうと実験室の写真をアップします。

この実験室で研究を続けるのですが、研究室に配属になった4年生をみてきて思うところに、研究室での実験と3年生までの学生実験が本質的に異なることを理解していないと感じます。具体的には、3年生までの学生実験は、テキストがあり、そのテキスト通りに実験をすれば、事前に確かめてある実験結果が得られる訳ですが、研究室での実験は全く異なります。うまく行くか、どうかわからない実験をするのです。むしろ、大半が失敗する実験です。研究を進める上での目標があり、その目標に向かって試行錯誤するのですから、失敗して当然(目標が達成できないことが、ほとんど)であり、どれだけ手を動かして、どうすれば目標を達成するのか考え抜いていくのです。実験が失敗に終わってショックを受けている学生に言いたいことといえば、ショックに浸っている暇はないこと、次の考え抜いた実験がうまくいくと信じきれる事、それを失敗しても、次から次へとアイデアを生み出すこと、こんな環境が、理系の研究室だと思います。

超ポジティブシンキングな学生が研究室を希望することを願います。

Windows Updateでファイル共有エラー

【ファイル共有エラー 80070035 対応の忘備録】

研究室の実験データの取り扱いに関して説明します。実験装置の多くにコンピュータが接続されており、パソコン上のデータとして実験結果が蓄積されます。実験ノートには、保存フォルダと保存名を記載して、データが溜まっていくのだが、そのバックアップと利便性を兼ねて、ファイルサーバーも研究室では運用しています。
実験データは、測定パソコンのハードディスクに保存されていくのですが、ファイルサーバーにコピーを保存することで、バックアップを行い、また、研究室のパソコンからファイルサーバーにアクセスすることで、測定パソコンがシャットダウンしていても、いつでも実験データにアクセス可能としています。

しかし、そのファイルサーバーで問題が生じました。

Windows10のFall Creators Updateを適応したら、Editionの種類により、上記のようにファイルサーバーにアクセスできなくなってしまいました。BuffaloとSynologyのNASを使用してファイルサーバーにしていたのですが、そのうちSynologyへのアクセスに失敗してしまいます。
原因をいろいろ調べていたのですが、セキュリティポリシーにより非認証のゲストアクセスをブロックしていることが判明しました。本来であれば、その原因をしっかり見極め、設定ファイルを修正して対応するべきところですが、実験データ保存用のファイルサーバーであり、研究の停滞は許されず、安直な回避方法を取りましたので、記録しておきます。

ファイル共有エラーのサーバー:Synology DS216j
アクセスするパソコン:Windows10 Enterprise 64bit

コマンドスクリプトで、ユーザー名を指定してアクセスすると、アクセスできたので、そのスクリプトをスタートアップに登録するという回避方法です。まずは、スタートメニューを右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選び
shell:startup
を打ち込み、スタートアップのフォルダを表示させる。

そこに、Windowsバッチファイルとして、
net use \\DS216j “” /user:guest
と打ち込みました。これは、サーバーDS216jに対して、ゲストユーザーでパスワードなしでアクセスする設定です。これを実行することで、ファイルサーバーにアクセス可能になったのですが、やっぱり安直な回避方法だなぁと思います。そのうち、設定ファイルをしっかり探したいです。

DVD分光器(科学実験文化フェア)

7月15日(土)の科学実験文化フェアでは物理学科として「DVDで虹色発生器を作る(光の分析装置)」というDVD分光器を工作するブースを今年は試験的に開きました。
今年の反省をもとにより良くして来年に改良して登場させたいと思いますが、時間的・人数的制約から材料だけを渡して工作方法を説明できなかった方もいらっしゃいますので、この場で紹介したいと思います。夏休みの自由研究に作成しては、どうでしょうか。

DVD分光器の型紙ダウンロード
(A4版のケント紙に印刷したものを配布しました。)

型紙のスリット部分(カッターを置いてある箇所)を細く切り抜き、裏側をマジックで塗りつぶします。その後、線に沿って丁寧にハサミで切り抜き、定規をあてながら丁寧に折り目を付けていきます。

写真の部分にハサミでカットしたDVDを両面テープで貼りつけ、黒いビニールテープで光が漏れないように箱を組み立てていきます。最後の写真が完成図で、スリットを光の方に向けて、開いている四角い穴から覗くと、DVDで反射(回折)してきた光が虹色として分かれて見えます。
蛍光灯とLEDで同じように白く見えている光も全く異なるスペクトルとなることが確認できます。

(注意)
太陽の光を直接見ないでください。青空に向けるだけで大丈夫です。
DVDをハサミで切った際に、中の薬品が出てきます。イベントではアルコールで処理して薬品を除いたものを渡していますが、ご家庭で実施する際は、ハサミで切った後、DVDを2枚に剥がし、無水エタノールで薬品(色素)を拭き取ることをお勧めします。

 

SNS (twitter,LINE,Facebook)の活用

今回は、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に関する話を書きたいと思います。いわゆるツイッター、ライン、フェイスブックなどのインターネットサービスに関してです。
この3つの中でLINEは比較的に早く始めました。その話は以前にこのホームページにも記載しました。
残りのtwitterとFacebookは、忙しいことを理由に全く触っていなかったのですが、研究室のホームページをリニューアルしたタイミングが始めたきっかけでした。すでに、ホームページはtwitterやFacebookとの連携は当たり前で、以前のようにGoogle検索にだけ最適化していただけでは情報発信としては不十分で、SNSを使いこなすことが重要である、というような記事を読んだので、始めたのでした。実際に、このホームページに投稿すると自動的にtwitterとFacebookに記事が掲載されるように設定していますので、重要な情報は皆無ですが、このホームページをフォローされたい方々は登録していただければと思います。

twitter (十代 健)へのリンク

Facebook(十代研究室)へのリンク

 

そんな感じで、なんとなく始めたtwitterやFacebookだったのですが、大学教員でSNSを活用している人が少ないのか、文理学部の公式twitterアカウントまで管理することになってしまいました。この記事の目的は、文理学部の公式twitterアカウントの宣伝だったのです・・・・

日本大学文理学部公式twitterアカウント
アカウント名: @bunrigakubu
フォローやツイートの確認は、こちらから

Windows Update エラー 8007000E

備忘録としてWindows Updateのエラー(8007000E)と対応策を書いておく。

卒業した大学院生が使用していたノートパソコンやセキュリティーメンテナンスが切れたWindows Vistaで動いていたデスクトップPCをWindows 7にアップグレードした。研究で使用しているパソコンは、計測機器が繋がっている理由によりOSのアップグレードに消極的である(アップグレードすると動かなくなることがあるので)。また、OSのバージョンを32bit版で使用していることも多くメモリーも潤沢に搭載していないことも多い。そんな理由からかWindows7にアップグレートしたパソコンとOSのクリーンインストールをしたWindows 7 32bitで立て続けにトラブルが生じた。

多くの研究室で同様の事例もあるかと思い情報発信をしておく。クリーンインストールしたりアップグレートしたWindows7のセキュリティーパッチをあてようとすると不明なエラー・コード8007000Eと表示されて失敗するのである。
困ったときの対策はGoogle先生に聞いてみることなので、検索をすると対応策を書いてあるページがあり、今回の2例は共に、マイクロソフトから更新プログラム「KB3050265」をダウンロードし実行すると解決した。

https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=47352

とりあえず同様の症状の人は試してみて下さい。

最後に更新プログラムやWindows Updateの重要性を述べておきます。何のために実施するのか重要性を感じない人も居るかもしれませんが、私はこれで助かった経験があります。ポスドク時代に研究室の1台のパソコンがウィルスに感染し、ネットワーク経由で同僚のポスドクのパソコンにもウィルスが感染したことがありました。同じネットワークに繋いでいたのですが、私のパソコンは無事であり、その理由はWindows Updateを適用していたからでした。
これまで問題なかったから何もしないのではなく、問題になる前に更新プログラムは実施しておきましょう。もちろん、Windows XPはもちろんVistaも更新されないので、アップグレートしないのであればネットワークに絶対に接続しないのが基本です。

知のスクランブル(ちくま新書)

理系の教員であるので普段は、横書きの文章(日本語・英語問わず)しか触れる機会がない。しかし、今回、縦書きの文章を執筆したので、ここで紹介したい。

ちくま新書として発売された「知のスクランブル -文理的思考の挑戦」である。この本は、文理学部18学科の教員がそれぞれの研究を紹介する形式の本であり、私もその1講を担当したのである。縦書きの文章ということでの文体での苦労もあるが、専門書ではなく一般書であるので、研究分野を分かりやすく解説することに骨を折った。
事前に試し刷りの段階で1部頂いたので、18個の講義を履修して(読んで)みた。文理学部は哲学科から化学科まで幅広い18学科の内容が並んでおり、知的好奇心の幅広さに驚き、また、そんな学部で物理を研究できる自分の状況を喜んだ。
進路を考えている高校生が、この本を手に取ったとすれば、進むべき専門を考える良いきっかけになるのではないかと思う。是非、近くの本屋で手に取ってみる、また、ネットで取り寄せてもらいたく思う。

ちくま新書(筑摩書房)
知のスクランブル -文理的思考の挑戦 日本大学文理学部 編
ネット通販へのリンク: amazon  e-hon

 

広報委員

ここ数年いろいろな部署で広報の仕事を依頼され、ホームページ制作やパンフット作りに労力を費やしている。私が携わったホームページやパンフレットを紹介したいと思う。

分子科学会 広報委員
http://www.molsci.jp/link_study.html
すでに3期5年目となってしまっている所属学会の仕事であるが、特に研究室へのリンク集の管理を行っている。

文理学部 広報常任委員
学部のパンフレットを他の先生方と一緒に制作しているのだが、責任者の先生が他大学に異動され、現在、責任者である。ゴールデンウィーク頃に完成させる4年目のパンフレットで仕事に区切りがつく予定である。

http://nyushi.chs.nihon-u.ac.jp/ 文理学部入試特設サイト
このホームページの制作に関しては、広報常任委員として関与したのだが、Google検索での順位が未だ低く、このページの重要性を宣伝したく、今回のブログ記事を書く、最大の根拠だったりする。

物理学科 広報委員(昨年度まで)
学科の広報委員として、パンフレットやホームページの制作を行ったのだけど、その流れでホームページの方は、現在も、引き続き管理運営を行っている。

このように広報の仕事をいろいろ引き受けている理由を考えてみたのだが、一番の目的は、受験生の獲得であり、多くの受験生が文理を目指し、物理学科に来て貰えれば、より優秀な学生が集まり、研究も進むであろうと感じている。しかし、単純にそれだけでないような気がしてきた。研究室を立ち上げ、これまで5年間、今年は6年目の卒業生が巣立っていく。その中で教員になった卒業生を数えると、1年目は誰もいなかったが、その後、毎年、誰かは中学校や高校の理科の先生になっており合計6人もおり、来年は3人も教員になることが決まっている。そんな状況から、研究が大好きな私は、理科や物理の楽しさを中学生や高校生に知ってもらうには間接的ではあるが、良い理科の先生を育てたい、そう思うようになり、そんな気持ちをもった高校生に文理学部物理学科の門を叩いてもらいたいと考えるようになってきたから広報の仕事を頑張っている気がする。

 

不思議な万華鏡を作ってみよう

7月16日(土)、本日、日本大学文理学部では、科学実験・文化フェアを開催しました。昨年倍増した入場者は本年でさらに増え、非常に多くの来場者に参加して頂きました。ありがとうございました。混雑したことにより、数多くの迷惑をかけたのではないかと思いますが、ご理解のほど宜しくお願い致します。

物理学科では3件のイベントを企画しましたが、その中でも、「不思議な万華鏡を作ってみよう」というイベントは、私が中心に進めました。小学校が夏休みの時期に入り自由研究・工作の課題が出るかと思いますが、その手助けになれば企画しているものです。工作は簡単なのですが、その原理は難しく、多くの保護者に質問されましたので、再度、こちらのスペースで紹介させて頂きます。

偏光万華鏡

(クリックで拡大します。)

本実験で使用している偏光フィルムは、液晶テレビなどでも使用されている物質ですので、そのフィルムを通してテレビなどを見て、色が変わるものを探してみるのも、自由研究のテーマになるかと思います。さらに窓ガラスからの反射像が見える場合と見えない場合も偏光フィルムの回転で変化しますので、「偏光」をキーワードにいろいろなテーマを探して貰えればと考えています。
素朴な疑問などありましたら、気兼ねなく、このホームページの問い合わせ欄から尋ねて下さい。

ヨーロッパ研修旅行

ホームページを使って宣伝します。日本大学文理学部では、グローバルな人材育成を目指し、学生が海外で見聞を広める機会を応援しようと、毎年、ヨーロッパ研修旅行を企画しています。保護者の方が安心して、ご子女を海外に送り出せるよう、添乗員が付く単純な海外旅行だけではなく、教職員も同行する研修旅行となっています。

教職員も・・・事務職員だけでなく、教員も同行します。・・・・

 

勘の良い方なら予想できると思うかもしれませんが、今年の夏の第32回ヨーロッパ研修旅行は、教員として、私、十代(じゅうだい)が引率することとなりました。夏休み期間に15日間も研究室を不在にするのは心苦しいのですが、学生にとって海外は憧れや不安の入り混じる地だと思いますので、教員サイドからのサポートが行えるよう微力ながら尽くしたいと思っております。昨日5月25日に募集説明会が行われたのですが、写真がありませんので、大学ホームページでの旅行パンフレットへのリンクを張りました。また、この研修旅行用に別のブログを立ち上げていますので、ご参考にして貰えればと思います。

申し込み日時:6月1日(水)・2日(木)午前9時 学生課

大学ホームページでの旅行パンフレット

日本大学文理学部・ヨーロッパ研修旅行のブログ