カテゴリー別アーカイブ: 行事

ラボの新年会

忘年会の予定が合わず、研究室の飲み会が、新年会になってしまいました。毎年、自然発生的に飲み会幹事なる学生が定まり、その学生の一言で飲み会が開催されます。その意味では、飲み会幹事の影響で、その年に良く行く居酒屋や、開催される曜日などが、色濃く反映されます。(木曜1限に講義があるのに水曜開催が多かった今年は・・・)
ちなみに、今回は、地元の人ならすぐ分かると思いますが、最後に写真の「鯛焼き」が出てくる居酒屋でした。

神戸での学会

9月13日(火)~15日(木)で開催された第10回分子科学討論会2016神戸に参加し、学会発表してきました。分子科学討論会と名前を変えてから記念すべき10回目の会議でした。(記念イベントもなく分子科学の議論を深めるだけだったところも、この学会らしいところですが・・・)。名前を変える前の分子構造総合討論会であった時期を知る身としては最も大切にしたい(容赦のない議論がでてくる怖い)学会でもあります。

今回は、学会の様子(大学院生の発表風景)だけでなく、別の楽しみ方も紹介しましょう。昼間は厳しい議論が展開されるのですが、夜は、日本中から集まった研究者が酒を傍らに議論(愚痴?)をします。当然、酒の肴は地元の食材ということで、神戸といえば、「神戸牛」。神戸牛のローストビーフを堪能しました。あまりに美味しくて(また、そんなに高くなく)、写真をアップしました。

 

フィンランドでの国際会議

 

フィンランド・ユバスキュラで開催された国際会議で大学院生2名が発表を行いました。2年前に福岡で開催されたISSPIC (International Symposium on Small Particles and Inorganic Clusters) が今年はフィンランドでした。国際会議では英語力以外に研究分野の基礎知識も必要であり、研究のディスカッションをするのは大変そうでしたが、少なくとも国際会議の雰囲気は感じ取れたと思いますし、研究競争相手が世界中に居ることを感じ取れたと思います。そんな意味で非常に有意義な学会だったと思います。

 

 

研究室合宿(山中湖)

文理学部に着任して5年間、毎年、軽井沢の日本大学本部(全体)で所有しているセミナーハウスで研究室の夏合宿をしておりました。今年は、諸般の事情により(私が空いている日程がないため)、より予約の取りやすい文理学部で所有している山中湖セミナーハウスで初めて研究室合宿を行いました。

場所が軽井沢から山中湖に替わっても、ゼミ発表をして、懇親会(飲み会)をして、というスタイルは変わることなく、違いは、ソフトボール大会の代わりに、テニス大会になったことくらいでしょうか。そもそも、今年は、単一の研究室で実施する初の合宿だったので(他の研究室と合同では実施しなかった・・・)、ソフトボールのできるグランドがあったとしても人数的にテニスしか出来なかったのですが。
個人的には、車を運転するドライバーなので、軽井沢に比べて山中湖の方が近く、今後は、もっと積極的に利用しようと思っております。次は、バーベキューを実施するべく、計画を立てま~す。(山中湖セミナーハウスの利点として、バーベキューセットの貸し出しをしているので)

ケーキの日

十代研究室では、お誕生日のお祝いをしています。今年は、お酒の飲めない学生が多いこともあり、お誕生日会をしなければと思いながらも、教育実習に行って皆が揃わなかったりと、ようやく6月28日に開催できました。事前に、私がケーキを買ってくるからと伝えていると、お誕生日会とは言わずに、「ケーキの日」という言葉が研究室では定着しつつあります。

お酒の強い人や弱い人、さらには、全く飲めない人など、人それぞれなのですが、ケーキの日を始めてから、ケーキも人それぞれであることが分かってきました。10人程度の学生が集まると、生クリームが苦手な人、チーズケーキしかダメな人など必ず一人か二人は居ます。甘いものも好みが人それぞれなのです。ケーキをホールで買ってきて、皆で分けるのも誕生日会らしいのですが、好みに合わせて好きなケーキが食べられるようカットケーキを買ってくることが多いです。今年も、カットケーキが多くなりそうです。

本配属お祝い(新歓)

4月27日(水)
4月に入り、4年生に進級した学生は、研究室に正式に配属になります(本配属)。その進級をお祝いして、食事会を開きました。また、4月から十代研に助手として着任した古川博士の歓迎会も兼ねています。
普段の講義の中で、さんざん、お酒好きだと話しているのですが、お酒を全く飲めない、もしくは、ほとんど飲めない学生が研究室に徐々に増えてきました。そこで、お酒の飲めない学生も楽しめるようにと、イタリアン系のファミレスで食事会(飲み会)を開催しました。

酒飲みの私としては、気を使ったつもりでした。ただ、ファミレスを後に2次会で本格的に飲もうと普通の居酒屋に向かったですが、お酒を飲めない学生を含め、ほとんどが2次会まで参加していました。(だったら、最初から居酒屋でも良かったのに・・・)

2015年度卒業式

3月25日 日本大学の卒業式が行われました。今年は、十代研で初めて大学院生を送り出すこととなりました。4年生の1年間でできる研究は少なく、実験方法を覚えたら、すぐに卒業という感じがします。修士2年間を加えると、じっくりと研究ができ、学会発表など貴重な経験が積めたのではないかと思います。この3年間の研究生活が会社に行ってからも役に立つと信じています。
もちろん、1年間の研究でも研究の大変さは感じれたでしょうから、卒業後も大学院に進学した友の様子を見るためにも、研究室に遊びに来てくれればと思います。
ご卒業おめでとうございます。

米国での国際会議に参加

12月中旬、大学院生と共にアメリカ某所で行われた国際会議で発表してきました。5年に1度開催される化学系の会議ですが、アメリカのどの都市で開催されたかが想像できるように多めに写真をアップします。

 

twitterとfacebookへの自動投稿が前回・前々回と失敗したため、
この記事の投稿で合わせて紹介しました。
3Dプリンタへの記事はこちらをクリックしてください

研究室での一コマ

物理学科・物理生命システム科学科のの3年生は、この時期に研究室を選ぶことになります。どんな研究室を選ぶのか、どの先生の元で研究活動を行うのか、また、どんな友達(学生)と共に学ぶのかは、4年生の1年間、さらに大学院に進学した場合は3年間の学生生活において重要な選択となります。そんな参考になればと思い、研究室でのイベントを少し紹介します。

11月の誕生日の学生をみんなでお祝いした写真ですが、そんな楽しいいイベントの前には、しっかりとゼミ発表(プレゼンの練習)をしています。「ゼミでは必ず質問をすること」を義務にしているでの、早い者勝ちで聞きやすい質問が最初に飛び交います。


もちろん、飲み会は、十代研究室の重要なイベントです。今年は、どこよりも早くをモットーに12月2日に忘年会を開きました。このペースで卒論をまとめるのも、誰よりも早く頑張ってもらいたいです。

ホームカミングデー

S__21790723

10月31日(土)に第3回ホームカミングデーを開催しました。研究室のOB・OG同窓会をどうしようかと考えていたら、大学が全卒業生を集めるイベントを企画するようになり、その企画に乗っかる形で毎年、卒業生を集めています。そんなイベントに乗っかったためか、百周年記念館で行われる全体交流会の司会を務めています(写真の檀上は私)。来年からは卒業生とゆっくり会話を楽しみたいと思っています(この写真を撮影してくれた I 君ともジックリ話をしたかった・・・)。

校友会(OB/OG会)に未入会で連絡が届いていない卒業生の方も、学部ホームページ・学科ホームページで広く参加を呼びかけていますので、定期的にホームページを参照して貰えればと思います。