10回目の卒業式

ご卒業・ご修了おめでとうございます。3月25日は、例年、日本大学の卒業式で、コロナ禍ではありますが、今年も武道館での卒業式を終え、文理学部のキャンパスにて学位記の伝達式を執り行いました。昨年に引き続き、式後の懇親会は自粛となりましたが、学士(理学)や修士(理学)の学位に相応しい社会人としての活躍を期待したいと思います。

今年の研究室の卒業生には警察官になる学生も居ましたが、教員になる学生は珍しく居ませんでした。文理学部に着任して10年間、10回目の卒業式となったのですが、調べてみると、ここ4年ほどは公立学校の教員採用試験に現役合格している学生が続いていました(複数名の現役合格の年も2年)。連続での合格者は途絶えたのですが(そもそも受験した学生が少なかったのだが)、非常勤から今年合格しましたとの卒業生からの連絡もあったので、毎年毎年、教員を送り出している研究室になっています。(ちなみに警察官は二人目です。)

どのような道に進もうとも母校として、研究室にいつでも帰って来られる環境を提供したいと思います。仕事で行き詰ったときや、人生での節目を迎えたときなど、近況報告がてら研究室に遊びに来て下さい。年に1回homecoming dayもありますが、その日でも、別の日でも、そのときは、きっとコロナが収まっていることを期待します。

マスクを外して無言でチーズの写真

行事