月別アーカイブ: 2018年9月

学会シーズン

大学の夏季休暇もあと1週間となり、来週からは講義が始まりますが、講義のない夏休みの間に学会に出席・発表し、研究の動向と今後の方針を考える機会としています。この夏は、8月中頃に中国の杭州市で開かれたISSPICと9月に入り先週に福岡で開催された分子科学総合討論会に行ってきました。

杭州は西湖の湖畔にある風光明媚な古都であり、学会は超高級ホテルでした(宿泊したのは、普通のホテル)。さすがに高級ホテルではドアマンに至るまで英語でコミュニケーションをとれたのですが、レストランに入っても、切符を買うときも、英語が通じず苦労しました。語学が堪能ならもっと楽しめたのではと(美味しいものを食べたり・・・)

 

続いて福岡での国内学会です。こちらは言葉の問題はなく・・・・(ポスター発表している学生に慣れない言葉(専門用語)の問題はあったかもしれませんが)・・・美味しいものを堪能できました。念のために伝えておきますが、美味しいものを食べに福岡に行ったのではなく、学会に参加・発表するために福岡に行ったのです。学会での細かな話を伝えても意味がないと思っているので、学会終了後の夜の行動話になってしまうのです・・・

 

山中湖でバーベキュー

今年の研究室の夏合宿は文理学部で管理している研修施設である山中湖セミナーハウスでした。学生は1泊2食付きで¥3500で利用できるので(教職員でも¥4500)、2泊3日のゼミ合宿をするのには最適な施設です。

合宿最終日に撮影する恒例の全体写真と食堂での懇親会の様子です。ゼミ合宿として全員(?)研究のプレゼン発表をやっているのですが、その写真は今回撮り忘れたので、学生たちの面目を保つため勉強をするためのゼミ合宿であることを文章で申し添えておきます。

山中湖セミナーハウスですが、昨年までは施設内でバーベキューをすることができたのですが、運用会社が変更になったためか(文理学部が委託している業者が変わった)、今年は、バーベキューが不可になっていました。こんなことでくじける様では、研究を進めることはできず、山中湖畔にあるバーベキューレストランに馳せ参じました。食べて飲んで(私は車の運転があったのでノンアルコールビールでしたが)、後片付けをしなくてよいのは、結果オーライで良かったのではないかと思いました。