月別アーカイブ: 2018年3月

卒業式(巨大プレゼント)

更新が遅くなってしまいましたが、1週間前の3月25日(日)に日本大学の卒業式があり、文理学部で学位記の伝達式を行いました。

十代研究室からは、学部生8名が卒業し、大学院生1名が修了しました。4月から社会人として活躍して貰わなければならないのですが(1名は大学院進学ですが)、そのうち2名は公立学校の教員です。物理学科から公立の教員採用試験に現役で受かるのは毎年一人程度だったのですが、去年も今年も十代研だけで2名と、明らかに教職センターの効果が表れています。他の研究室を入れるとさら増え、非常勤として教員になる人物を加えると・・・・

その後、新宿某所で卒業のお祝いをしたのですが、学生たちからプレゼントを貰いました。例年になく大きな(サイズが)プレゼントだったのですが(過去7年間で最大級)、中身は、珈琲メーカーでした。今日もその珈琲をいただきながら、研究室で仕事をしています。

 

修論発表会と研究室引継ぎ

文理学部で物理学科が属する大学院は、日本大学大学院総合基礎科学研究科相関理化学専攻となります。この専攻は物理学科以外に生命科学科と化学科の3学科から構成されており、先日、その専攻の修士論文発表会が行われました。幅広い研究分野の発表が集まるので、自分自身の知識を広げる非常に良い機会です。(ただ、本当に幅広く、錯体化学や脳神経科学の研究もあれば、超伝導やブラックホールまで、はっきり言って理解度が足りない研究分野ばかりです・・・)

修論の発表そして提出が終われば、次は、研究室のメンバーが入れ替わる時期です。今年の十代研究室も例年通り、学生の引継ぎは飲み会だけでした。大学院に進学する学生が少ないので、上下での学生の交流は、この機会だけなのですが、研究を頑張ろうという気分が伝染して貰えればと願いします。

今年は私の悪口を2次会で言えるように大勢のメンバーとは別行動をしたのですが、かなりの人数が2次会に行ったと聞いたので、来年度もしっかり飲み会を開き交流を図らなければと思っております。